物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

物流不動産ビジネスとは - 物流不動産の歴史

物流不動産ビジネス定義 = 倉庫を基軸とした総合営業

物流改善を物流施設面より提案するビジネス。
最適な物流環境(立地・機能・コスト)実現のため物流施設に関係・関連する業務を業界(物流・不動産・金融・建設)それぞれの機能を有機的に結びつけ、トータルに解決する物流施設のソリューションビジネス。
物流不動産の歴史をご覧下さい。

物流不動産の歴史-5

 (四)トランクルームビジネス  「ウエアハウス版宅配便」として注目企業のみならず個人の利用者も対象としたトランクルーム事業は「ウエアハウス版の宅配便」とも言わ...続きを読む

物流不動産の歴史-4

(三)物流ファンド・物流REIT   不動産ファンド「REIT」のしくみ プロロジスは米国最大の物流ファンド、物流REIT(物流不動産投資信託)の事業者でもある...続きを読む

物流不動産の歴史-3

(二)物流施設管理、コンサルティング  物流施設のプロパティマネジメントを推進する幸洋コーポレーション 幸洋コーポレーションは事業系土地・建物の有効活用について...続きを読む

物流不動産の歴史-2

(一)インターネットによる空き情報   「物流不動産の寵児」イー倉庫の登場  物流不動産ビジネスの代表的なビジネスモデルにインターネットによる空き倉庫情報サイト...続きを読む

物流不動産の歴史-1

物流不動産ビジネスの現状と今後鈴木 邦成 はじめに  「物流不動産ビジネス」ということばが誕生し、物流業界、不動産業界、金融業界など、多方面からの注目を集めてい...続きを読む

国際物流総合展2021