物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

鈴江コーポレーション▼危険物倉庫を横浜に開発 

2020年07月17日

鈴江コーポレーションは16日、横浜市金沢区の新杉田埠頭倉庫営業所で、危険品立体自動倉庫の建設に着手すると発表した。竣工は2022年5月を予定。

新型コロナウイルス感染症の流行を受け、今後需給がひっ迫する可能性が高い医薬品、医薬部外品、衛生品の原材料を保管する。

新杉田埠頭倉庫営業所は2万3000トンの船舶を繋船できる桟橋を配置。敷地内にはタンク設備、危険品倉庫、動植物油脂倉庫など、消防法第四類危険物・劇毒物・指定可燃物等、危険品に特化した。

 


国際物流総合展2021