物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

関通▼東大阪市の主管センター1階を冷凍冷蔵専用のフロアに拡張 

2020年09月19日

関通は11日、5月から進めていた大阪府東大阪市の主管センター・冷凍冷蔵倉庫の拡張工事を完了させ、1階を冷凍冷蔵専用フロアとして運用を開始したと発表した。

5階建て 延床面積は約9570m2。保管坪数は135坪(445m2)から310坪(1023m2)へと2倍以上のスペースを確保した。

拡張工事と合わせ、鮮度を保ったままで荷物の引き渡しが可能となるドッグシェルター、過冷却を防ぐ温度管理システムの機能など、冷凍冷蔵倉庫としての機能も強化した。

関通の冷凍冷蔵配送サービスはケースピッキングと個品単位のバラピッキングにも対応。1000種類の商品対応と月間30万点以上のバラピック出荷実績を持つ。

今後は冷凍冷蔵倉庫への物流ロボットの導入も検討を行う


国際物流総合展2021