物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

鴻池運輸▼大阪・舞洲に新倉庫建設 

2020年10月17日

鴻池運輸は、大阪港・舞洲に輸出入専用倉庫を建設中だ。鋼材・重量物の沿岸荷役・保管・配送拠点として開発され、竣工は2021年8月を予定する。投資額は約11億円。

大阪港近隣で主に鋼材を保管する同社倉庫の一部が満床状態、韓国を中心とするアジア諸国向けの輸出入が今後も高いニーズを見込めると判断したことで、新倉庫の建設を決定した。6月に着工したものの新型コロナウイルス感染症拡大で一時中断していたが、9月より工事を再開した。

上屋面積は3942m2。隣接岸壁は水深7.5m、広さ30×120mで最大5000tまでの船が接岸可能。外航船、内航船を問わず、船舶を利用した大量輸送にも対応する。


国際物流総合展2021