物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

特集・連載:政治と物流不動産『政権交代で何が変わるか』

物流が救う日本産業 − 第12回

 ダイエー凋落のインタビューをNHKが放映していた。艶のない顔色で中内社長が過去を語り、今を語っていた。日本一の小売王終幕の場面である。  「大きな店を作ってお...続きを読む

大消費国家、日本の行く末 − 第11回

 我が国は特異な国家として存在している。ドル換算のGNPは今年にも中国に抜かれて第3位に落ちるが、それでもまだなおであ る。家計消費は300兆円を前後して、世界...続きを読む

なぜ内需の代表格、百貨店は凋落したか − 第10回

 百貨店、スーパー、コンビニの売上前年割れ急降下が止まらない。昭和時代の流通発明がその機能を終えようとしているかのよう だ。一時しのぎの低価格商戦は身を削り、合...続きを読む

物流政策は何が変わるか − 第9回

 日本に100の空港が必要か、大型深度スーパー港湾が必要か、第2東名高速、新幹線が必要か、国土を直結する道路網はまだ必要なのか。物流をめぐる論議には国土問題が欠...続きを読む

産業構造の推移 − 第8回

変わる、変われば、変えなくてはという流行語は現実を見ていない。産業連関論というアカデミックでは、スカイライン分析というGNPに占める産業マーケットと推移成長率で...続きを読む

どこに成長の芽が見えているか − 第7回

 企業の寿命は平均30年と言われ、商品のライフサイクルは年々早まって来ていると言う。昭和の大発明であったスーパーマーケッ トやコンビニエンスストアの成長も鈍化と...続きを読む

主党政策の目玉は何か − 第6回

 高速道路無料化、児童手当、高校授業料、農業への新所得補償など、政権マニュアルや広報官の口からは大盤振る舞いの約束がされてきた。選挙頼り、有権者受けのする公約が...続きを読む

壊滅的被害が進行中 − 第5回

 1995年をピークに我が国の産業は一気に低成長というか凋落が始まっている。GNPも伸びず、消費も不振で貿易で儲けても国に税収は落ちてこない。貿易黒字は為替によ...続きを読む

リーマンショックとは何か − 第4回

 誰もが枕詞のように使う金融危機は防ぎようのない事件だったのだろうか。  被害者は世界に広がっているようだが、原因は一部の行き過ぎた金融活動とは言えないバクチだ...続きを読む

<国際競争力は上がったか>55年体制を振り返る − 第3回

 昭和30年から覚えている経済成長と自民党政治のあれこれは、『もはや戦後ではない』宣言に代表される日本のハイライトだ。所 得倍増とか、経済成長率8%、日本列島改...続きを読む

<成熟社会と高負担の事実>55年体制を振り返る − 第2回

 昭和から平成に変わり20年が過ぎた。今上天皇在位20周年より、中国建国60年とか日中国交30年の方がめでたいのかは分か らないが、メディアの紹介時間の多さに比...続きを読む

<消費税導入の意味>55年体制を振り返る − 第1回

 もっぱらの話題である政権交代の意味や意義を改めて、実体経済を支える物流から考えてみたい。とはいえ、政治と物流とは規制が撤廃された現在、勘当された放蕩息子のよう...続きを読む

国際物流総合展2021