物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

1都3県総集編▼①物流ファンド施設建設による玉突き現象が各地へ波及 物流不動産市況

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県の各広域エリアの賃貸倉庫の平均相場は次のとおり(冷凍・冷凍倉庫などを除く)。

・東京都内 :坪4,500~9,000円
・東京都下 :坪3,500~6,000円
・神奈川県 :坪3,500~6,500円
・埼玉県   :坪2,800~5,500円
・千葉県   :坪3,000~5,500円

以前は港湾地区中心だった物流ファンド会社による高機能型施設建設が各地に波及。メーカーの集約型施設、大手物流会社(グローバルロジスティクス企業)による3PL施設として次々と供給が図られるなか、玉突き現象による施設の流動化が活発化。地理的な優位条件に加え、機能・環境面・コンプライアンスの差により、ニーズに満たないところは空きが目立つ形となっている。

そうした動きがでている一方で倉庫をリファインし、事務所、スタジオ、ショールームなどに転用し、収益向上を図るケースがでている。こちらも都心にとどまらず、各地に波及しつつある。倉庫機能だけにとどまらず、簡易性のショールームを加えた施設として活用するケースも多くでている。

次回は、アクセス面からみた動向について探ってみたい。
(イーソーコ総合研究所・編集部)


国際物流総合展2021