物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

埼玉・外環エリア▼①既存物件の多くは埋まり、相場は強含みの傾向に 物流不動産市況

埼玉県は、都心から外環道路までのエリア(外環エリア)、外環道路から国道16号までのエリア、国道16号から外のエリアの3エリアに大きく分けることができる。

このうち埼玉・外環エリア内の賃貸倉庫の平均相場は次のとおり(冷凍・冷蔵倉庫などを除く)。

 三郷・八潮市:坪3,800~4,300円
草加・越谷市:坪4,000~4,500円
川口・さいたま市:坪4,000~5,000円
戸田・和光市:坪4,500~5,500円

このエリアは都心に向かう際、外環道路、首都高、さらに橋(笹目橋・戸田橋・荒川大橋・共和橋など)を使った一般道ルートが選べるなど、アクセス良好な地域として知られている。既存物件の多くは埋まり、需要は上昇傾向にある。

こうした需要の高さを背景に、三郷市ではインターチェンジ周辺にコマーシャル・アールイー、プロロジス、草加・越谷市では日本レップによる大規模施設など、ファンド運用の施設も建てられているが、埼玉・外環エリア内で、新規に建設できる物流施設用地は限られている状況だ。

次回は埼玉・外環エリアの物流用地動向について探っていきたい。


国際物流総合展2021