物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

埼玉・外環~国道16号エリア▼①外環エリアで施設確保ができないユーザーを中心に需要の高い地区 物流不動産市況

埼玉県の外環道路から国道16号までのエリア内の賃貸倉庫の平均相場は次のとおり(冷凍・冷蔵倉庫などを除く)。

・所沢市     : 坪3,500~4,200円
・入間郡三芳町: 坪3,200~4,000円
・富士見町   : 坪3,200~4,000円
・さいたま市  : 坪4,000~4,500円
・春日部市    : 坪3,200~3,800円

このエリアは、横の移動に対しては国道16号、縦の移動に対しては東北道・関越道と、縦横に首都圏の基軸となる幹線を擁しており、交通アクセスは良好。国道16号は渋滞があるのが難だが、解消されればさらにベストといえよう。今後は圏央道の延伸により、これまで以上に首都圏配送に適したエリアに育つとみられている。

そのため埼玉・外環エリアで施設確保ができなかったユーザーを中心に、需要は高く、人気のエリアの1つとなっている。

こうした需要の高さを背景に以前は、既存施設の多くは埋まっている状況だったが、ここ最近、ファンド運用による大型施設建設が相次いだことで、集約化に伴う玉突き現象も見受けられ、市場の動きは活発化している。

次回は、大型施設建設の詳細を探ってみたい。
(イーソーコ総合研究所・編集部)


国際物流総合展2021