物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

東京・三多摩エリア▼①ニーズは高いものの供給する施設が不足 物流不動産市況

東京・三多摩エリアの賃貸倉庫の平均相場は次のとおり(冷凍・冷蔵倉庫などを除く)。

・国立市・府中市  :坪5,000~6,000円
・調布市・三鷹市  :坪5,000~6,000円
・東村山・東大和市 :坪4,200~4,800円
・立川市        :坪4,200~4,800円
・昭島市・瑞穂町  :坪3,800~4,400円
・青梅市・羽村市  :坪3,500~4,200円
・町田市・八王子市 :坪4,200~5,000円

中央道・圏央道沿いを中心にニーズは高いものの、相対的に物件数が不足しており、用地確保も困難。とくに八王子周辺などは圏央道開設に伴い、施設需要は増えているものの、そのニーズに見合うだけの施設が確保できないことから、入間市など埼玉県エリアへ流れる動きも起こっている。

東京・三多摩エリアの施設内訳をみると、青梅市・羽村市など工業団地を有し、大手電機・電子メーカー工場が点在する、東京・三多摩エリアは精密機械に対応する物流センターの占める割合が高い。また新立川航空機、立飛企業2企業を中心に施設供給が進む立川市周辺においては、水物保管を始め施設需要が見られる。

次回は、エリア特性の詳細と今後の動向について探ってみたい。


国際物流総合展2021