物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

【2017抱負】今年は宅建士を30名輩出/日建学院田町芝浦校 登坂雅樹 

明けましておめでとうございます。
旧年中は、日建学院田町芝浦校をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、昨今の物流業界のニュースの中で、大手の物流会社に加え不動産会社、建設会社までもが超大型物流施設を建設、保有し私募ファンドを立ち上げ、投資物件として売却するニュースがありました。

このニュースに代表されますように、物流業に色濃く「不動産・建設・金融」が入り込んでおり、今や物流・不動産・建設・金融の垣根がなくなりつつあることが感じ取れます。

物流業者も、倉庫施設の運用戦略上、不動産ビジネスが重要であることを理解して頂きたいと思います。近い将来、不動産業を取り入れていかなければ、生き残れなくなる時代が訪れることが予測されます。

イーソーコが運営する日建学院田町芝浦校では、物流ユーティリティープレイヤーを育成、輩出するため、4年前から宅建士合格実績ナンバーワンの「日建学院」様と業務提携をし、公認スクール「田町芝浦校」として、多くの宅地建物取引士(以下、「宅建士」)を輩出してまいりました。

宅建士の資格は、「宅地建物取引主任者」から名称を変え、「士業」の仲間入りを果たしました。より専門性が高まり、有資格者の価値が向上する一方で、試験に合格することが年々難しくなってきております。

「不動産業に精通した物流マン、物流ユーテリテープレイヤーを育成・輩出することで物流業界を元気にしていきたいと思っています。また物流不動産ビジネスの協業を展開して将来的には宅地建物取引業の免許を取得していただきたいと考えております。

日建学院のカリキュラムは、受講する方のライフスタイルに応じて学習方法が選べることが大きな特徴のひとつです。また受講した方々を対象とした物流不動産ビジネスの概要が解る1DAYセミナーの無料招待といった特典もあります。

unyu

昨年度は、当校の営業成績が評価され、成績優秀校として表彰していただきました。

また、イーソーコグループ会長の大谷が、日建学院の名物講師の「宮嵜晋矢」講師と対談もさせていただき、将来の物流業界について熱く語っております。

【動画】特別対談 宮嵜晋矢(日建学院講師)× 大谷巌一(イーソーコ会長)

今年度の目標としては、受講者数を50名以上募り、その中から合格者を30名出したいと考えております。

本年も引き続き日建学院田町芝浦校並びにイーソーコグループをご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成29年元旦

15820661_1170828886371011_1771272990_o

日建学院田町芝浦校
代表 登坂 雅樹

【動画】チャレンジして合格を勝ち取ろう!登坂校長よりメッセージ

<


国際物流総合展2021