物流不動産ニュース

物流、物流不動産、倉庫を網羅した
最新ニュース・情報を発信しています。

  • メール会員情報変更
  • メールマガジンバックナンバー
  • ニュースメール配信登録

【2018抱負】ITを刷新し、IoTで物流改革/物流不動産BIZ㈱ 大谷真也 

明けましておめでとうございます。
旧年中は物流不動産BIZ株式会社をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、イーソーコグループのITとITに関する教育を担っております。昨年は、物流ユーティリティープレイヤーの教育コンテンツ作成、ITを活用した情報共有、物流不動産ビジネスの情報発信を進めて参りました。

教育では、インターンシップの学生や新入社員の教育、専任プレゼン大会、社内テストなどを実施いたしました。また、勤怠のクラウド化などイーソーコグループのダイバーシティマネージメントに必要なシステムをスタートさせることができました。2018年はこの経験を活かし、グループの目標達成に寄与できる存在でありたいと思います。

具体的には、
①物流ユーティリティープレイヤーの教育コンテンツの充実
引き続き、物流不動産ビジネスのリーシング営業をマニュアル化し、物流・不動産・建設・金融・ITなど、様々な営業業務をジョブローテーションできる仕組み化(マニュアル、評価制度の確立)に努めます。

②物流ユーティリティープレイヤーの武器(イーソーコライブ)の作成
現在、稼働中の倉庫物件・物流不動産情報ポータルサイト「e-sohko.com」や物流情報「イーカーゴ」、より情報精度の高いe-sohko+、倉庫リノベーション、一時貸しのレンタルソーコなど物流不動産ビジネスに関連するサイトの情報登録をスマートフォンで一括管理できる新たなITシステム「イーソーコライブ」を開発します。スマートフォンを活用してイーソーコグループ、合弁会社など物流ユーティリティープレイヤーの情報交換やノウハウの共有ができ、これまでの情実営業を脱し、IoTを駆使した組織営業を行います。

③ITシステムを活用し物流不動産ビジネスの業務を見える化しクラウド化を進めます。
誰でもジョブローテーションができる環境を作るため、ITやIoTでできる業務はクラウド化し、コア業務を基軸に人財シェアができる環境を整えます。

この3点で邁進したいと存じます。

本年も引き続き物流不動産BIZをご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成30年元旦

物流不動産BIZ株式会社
代表取締役 大谷 真也


国際物流総合展2021